FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

バスケットボール

 次女が入っていたバスケットボールのシーズンが終わった。こっちの部活は、日本と違ってシーズン制。バスケットは、12月から3ヶ月のウィンタースポーツだ。次女が突然バスケットをやると言った時は、少しびっくりしたが、本人が色々と考えた末に決めたことだった。アメリカ人の中に入っていきたいという思い、それと、これは私が考えも及ばなかった事なのだが、日本に帰った時に、何か出来ることがあったほうが受け入れてもらいやすいと思った様だ。

 とにかく、日本人が一人の状態で、どちらかというとメジャーなスポーツに、決して運動が得意ではない次女が入るということは、よほど固い決意が必要だったと思う。それなのに、傍から見ていると、さっさと決めて、さっさと行動に移したという感じだった。

 こっちのクラブは、3ヶ月しかない変わりに、毎日練習がある。そして、シーズン後半になると、週に1~2回試合がある。試合には、チームのメンバー全員が出る。“補欠”みたいな制度はない。次女は、私の影響か、23番という背番号(Michael Jordan の背番号)を選んで、ホームの時は白、アウェイの時は赤のかっこいいユニフォームを着て試合に出た。

 バスケットは初心者に等しい次女が“活躍する”ということはなさそうだったが、頑張っている姿が見たいと思い、「試合、見に行ってもいい?」と、何回聞いても、「いいよ。来なくて。」と答える。「いいよ・・・って、行っちゃいけないの?」と聞いたら、「駄目。」 ということで、行くのを我慢した。(一番最後の試合のおしまいの10分だけ見たが、次女のプレーしている姿は結局見られなかった。)

 クラブでは、練習や試合以外に、内輪の楽しみみたいなものがある。たとえば、試合の日は、朝からユニフォームを着て行く。その格好で授業を受けるのだ。シーズンの終わりの方では、皆でおそろいのジャージを作った。その他、白いTシャツが配られ、各自決められたチームメイトのために、Tシャツをカラーペンなどでデコレートしてあげる、というのもあった。そして、シーズン最後の日には、皆でそのTシャツとパジャマのズボンで登校した。何とも変な習慣だが、仲間意識を楽しんでいるんじゃないかと思う。

 最後の試合の前の日には、パーティーがあった。チームメートの子の家に、皆が食べるものを持ち寄った。次女が、何か日本らしいものを持って行きたいというので、今まで作った事もないのに、カリフォルニア・ロールを持たせることにした。その上、チームメイトの中に、小麦を食べられない子がいるので、「おにぎりも持ってくる」と、次女が言ってしまったらしく、更に仕事が増えた。英会話のクラスや娘達の送り迎えの合間に全部作るのは大変だったけど、何とか頑張って、おにぎり15個とカリフォルニヤ・ロール4本を作って持たせた。

 パーティーの日、迎えに行ってみると、次女がチームのメンバーと楽しそうに話をしていた。3ヶ月の活動を経て、すっかり皆と仲良くなったようだ。

 こんな風になるまで、結構大変だったと思う。そもそもたくさんの宿題やプロジェクトの提出がある中、毎日練習に行くこと自体が大変だった。その上、まだ、コーチの言っている事がわからない時もあって、それも辛かったようだ。それなのに、文句一つ言わずに、黙々と行っていた次女は、本当に立派だった。頑張っただけ得たものも多く、この経験を経て、ひとまわり大きくなったように感じる。

 よく頑張ったね。今はただ、誉めてあげたい。


 


 

スポンサーサイト



PageTop

ジャズ・アンサンブル

 長女がピアノの学校に通い始めた。家から車で30分程の所にある結構大きな学校で、個人レッスンを取ると、音楽理論や作曲などの授業はどれでも無料で受けられる。2月という中途半端な時期に入ったので、授業を取ることはできなかったのだが、前からやりたかったジャズ・アンサンブルのグループには入れてもらえた。

 指導してくれる先生は、サックス奏者としてアリサ・フランクリンやトニー・ベネットなどとも共演したこともある人で、明るく元気で優しい先生だ。私がゴスペルをやっていたといったら、Kirk FranklinのCDを録音してくれた。

 グループのメンバーはドラム、アルトサックス、テナーサックス、トランペットとピアノ(長女)で、先生がベースを弾く。長女の他に、トランペットの男の子もこの音楽学校に入ったばかりで、5年生だそうだ。他のメンバーは高校生や中学生くらいで、前から学校にいる人たちのようだった。

 サテンドールと他に1曲楽譜をもらい、3回くらい練習したところで、早くも発表会に出ることになった。発表会は学校のホールで行われた。学校に所属する6つくらいのアンサンブルが次々と演奏した。

 微笑ましい感じのグループもあったが、上手なアンサンブルもあった。最後に出演したアドヴァンス・クラスなんかは、どこかのクラブにも出られそうなほど上手だった。

 皆カッコ良かったし、本当に楽しそうに演奏していて、こんな人たちと演奏できる長女が少しうらやましくなった。長女のジャズピアノの腕前は、まだまだだけど、たくさん練習して、即興をバシバシ出来るようになれば楽しいだろうな。

 私も、もう少し余裕が出来たら、ジャズピアノを習うなんていうのも悪くないな。そうすれば自分で演奏しながら歌えるし・・・なんて、夢はどんどん広がるのでした。
 



 

 

PageTop

トランペット

 次女のトランペットのレッスンに、通訳として入っている。先生は、とても熱心で、とてもよくしゃべる。次女は毎日練習して少しずつ良い音が出るようになった。

 レッスンを聞いていて、少しびっくりしたことがある。私は、前回ニューヨークにいた時から今回日本を出るまで、いろいろな形で歌のレッスンを受けてきたのだが、そこで習ってきたことと今度のトランペットの先生が次女に指導することがとても良く似ているのだ。

 「胸で息をするのではなく、おなかで息をする。」、「息をおなかでサポートする」、「おなかから思いっきり息を吐いて吐ききる」、「楽器(喉)が音を出すと考えるのではなく、楽器を通して自分の中のものを出す感じ。」、「喉を開く」などなと。

 先生が言うたびに歌のレッスンを思い出して、思わず声を出してみたくなる。トランペットと歌がこんなに似ているなんて、考えても見なかった。

 こんなことが全部できるトランペット奏者って・・・きっと歌が上手いに違いない。

PageTop

楽器

娘達が夏休みの活動として、週一回、楽器の個人レッスンを受けることになった。長女はエレキギター、次女はトランペット。先週それぞれ第一回目のレッスンを受けた。

 次女は先生の言っていることがほとんどわからないので、私がピッタリくっついて通訳をした。長女は、英語を聞くことがかなり出来るので、一人で受けさせた。

 どっちの先生もとても丁寧に教えてくれて、しかもたくさんほめてくれたので、二人ともとても楽しかったようだ。

 ギターの方の先生は、エドガー・ウインターやジョージ・ベンスンといっしょに演奏したこともあるという凄い人で、色々なスタイルのギターを弾いて見せてくれたらしい。
 長女は日本に居たら高校からバンドをやるつもりだったと言っていたし、エレキギダーにとても興味を持っていた。実はわたしも大学時代にバンドでエレキベースを弾いていた経験があるし、今でも機会さえあればバンドを組みたいと考えているので、長女の気持ちはよくわかる。ただ、私もそうだったように、エレキギターなんて、ロック小僧が音楽を聞きまくって、見よう見まねで覚えていくものだと思っていたから、日本に居たら習わせたりはしなかったと思う。だけど、他に行きたいサマーキャンプもないし、英語を使う機会にもなるし・・・ということで始めることになった。

 2人とも新しいことに挑戦するということで、とてもうれしそう。次女のトランペットは秋からの学校の授業に役立ちそうだし、長女のギターも少し上手くなったらクラブ活動にもつなげられるかもしれない。

 さすがアメリカ!!と感じたのは、家でトランペットを思い切り吹いていても、外にはあまり聞こえて来ない。日本だったら多摩川の土手かなんかに行かなきゃならないのにね。

PageTop

ホンのちょっとしたこと

 人間にはホンのちょっとしたことがきっかけで、目の前が開けたように感じることがある。

 次女の場合は、卒業アルバムの一件だった。あれ以来表情が明るくなった。先日もお友達の卒業祝いパーティーに行って、とても楽しかったようだ。あれだけ学校へ行くのを嫌がっていたのに、夏休に入った今頃になって、「もっと学校に行きたかったな」などど言っている。

 長女のきっかけは二つあったと思う。まずは、それまで常に私と行動を共にしていたのを、先週初めて妹と二人だけで近所のアートセンターのイベントに参加したこと。アメリカ人と触れ合うことが出来て、少しだけど英語で会話が出来たらしい。
 二つ目は、9月から始まるハイスクールのカウンセラーの先生と面談し、新学期に取る科目を全て決めたこと。
 それまでウツウツと無気力にすごしていたのに、俄然やる気を出してきた。自ら英語の参考書をやり始めたり、家庭教師の宿題を早々にやってしまったりしている。

 何より、最近2人の言うことが違ってきた。それまではアメリカの悪口を言ってみたり親に対する恨みめいたことまで言っていたのに、最近ではアメリカの良いところをあげたり、これからやりたい事を語り始めたり、前向きな発言が目立ってきた。

 この変化に、私も主人もとても喜んでいる。これからも山あり谷ありだと思うけど、こうやって少しずつでも前に進めたら良いな。

PageTop