FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

Mohonk Mountain House

子供達の学校が1週間の冬休みで、しかも月曜日はPresident Day で休日だったので、日曜日と月曜日2泊で旅行に行ってきた。泊まったのは、NY州内だけどここから北へ車で1時間半ほど行った所にある、NewPaltzの近くのMohonk Mountain Houseだ。

m.jpg


 Mohonk は、前にNYにいた時にアメリカ人から教えてもらってちょこちょこ行っていた所だ。広い敷地に湖と、1869年に建てられたビクトリア調のホテルがある。宿泊代は決して安いとは言えないが、朝、昼、晩の食事とアフタヌーン・ティー、そして、テニス、ゴルフ、冬はクロス・カントリーやスケートなど、アクティビティー代全てが含まれている。

 前に行ったのは、いつも夏だったので、バスケットをしたり、ハイキングをしたり、バーベキューを楽しんだりした。今回は冬で、そういうことが出来ないので、退屈してしまうかなと思ったが、全くそんなことはなく、とても楽しい時を過ごせた。

 チェックインは4時からなので、5時前にホテルに着き、8時のディナーまでホテル内を探検した。

 ホテルの中は、昔と同じで、あっちこっちにラウンジがあって、そこで、皆思い思いにくつろいでいた。本がたくさん置いてある部屋もあって、そこの本を自由に出して読むことも出来る。客室にはテレビが無いので、皆、そうやって、のんびりと過ごす。

 昔と違っていたのは、SPAやインドア・プール、そしてスケートリンクができたこと。冬の楽しみが充実したようだ。

 次の日の朝、ビュッフェの朝食を終えてから、スケートをしに行った。スケートなんて本当に久しぶりだったので、最初は皆こわごわ滑っていたけど、20分もすると、慣れてきて、楽しくなってきた。ただ、屋外だったし、気温がとても低かったので、それがちょっと辛かった。

 昼まで滑って、ランチを食べた後、子供達は、ホテルが企画したビンゴをやりに行き、その後、4人でインドア・プールに泳ぎに行った。

 心地よく体が疲れたところで、ちょっとバーで食前酒を飲んだ後、ディナーを食べに行った。以前に来た時の印象では、食事は、量は多いが、それほどおいしくはない、と思っていたのだが、今回食べてみたら、結構、おいしかった。その上、ランチにもディナーにも、おっきなデザートがついたので、甘いものが好きな長女は特に喜んでいた。

 夕食の後は、ダンスのショーを見に行った。若いダンサーを中心としたダンスグループが、アフリカやイスラエル、奴隷制度の頃のアメリカまで、世界中のダンスを披露してくれた。観客が参加できるダンスもあったりして、とても楽しかった。

 次の日、Winter Activity として企画されていた、snow shoes のハイキングに参加した。snow shoes というのは、雪を歩く時の靴、くらいにしか思っていなかったのだが、見てびっくり。アルミのパイプの中に、ベルトがたくさん出ていて、それを靴に固定する。裏には雪をガッチリつかむための刃もついている。そういえば、日本でも、雪国の人は、竹で出来た、こんな感じの履物を使っているって、昔、どこかで読んだような・・・と思って調べてみたら、「かんじき」と言うんだそうな。(興味のある方はhttp://www6.plala.or.jp/ebisunosato/kanziki.htmを見て下さい。)

snowshoes3.jpg snowshoes2.jpg


 このsnow shoes, とっても快適だった。坂でも滑らないし、雪の中でもどんどん歩いて行けた。遠くに見える美しい山々を見ながら、雪を蹴って歩くハイキングは、本当に気持ち良かった。ガイドの人の話によると、天気の良い日は、フィラデルフィア、ニュージャージーなど、近隣の州が全部見渡せて、75マイルくらい先まで見えるそうだ。こんなに気持ちよく歩けたのは、一つには、前日の寒さが嘘のように、暖かかったからだろう。前の日の寒さでこの距離を歩くのは厳しかったに違いない。

 ハイキングから戻り、ビュッフェのランチを食べた後、帰途に着いた。

 子供達も私も、日頃の宿題に追われる日々から解放されて、良い息抜きになった。暖かくなったら、また、テニスやハイキングをしに行きたいな。

 



 

 

スポンサーサイト



PageTop

カナディアン・ロッキー その4

 4日目。今日も良い天気。再びレイク・ルイーズの方向にドライブし、レイク・ルイーズを超えてヨーホー国立公園内にあるエメラルド湖へ。前回行った時は、エメラルド湖という名前の割には湖水がそれほどエメラルド色ではないなと思ったのだが、今回行ってみたらやっぱり美しいエメラルド色だった。
 
 カナディアン・ロッキーの湖がなぜあのような綺麗な色をしているのかというと、氷河から湖水に流れこむ水にはロック・フラワーと呼ばれる微細な岩の粉が含まれていて、それが太陽光線に反射して青や緑に見えるのだそうだ。
blogmama8.jpg


 次はタカカウの滝へ。タカカウの滝は、カナダで最長の滝の一つだ。幹線道路からわき道にそれ、ヘアピンカーブなどの山道をかなりドライブしたのち、少し歩いて行くとこの滝のふもとに行ける。高い所からすごい勢いの水が落ちてきていて迫力満点。
blogmama6.jpg


 その後、バンフに戻り、夕食を食べに行く前に、サルファー・マウンテンの山頂まで行けるゴンドラに乗った。次女が疲れ気味だったので、あきらめようか一瞬迷ったのだが、ホント~にあきらめないで良かった。もしかしたらこの旅のハイライトだったかもしれない。ゴンドラが着いた場所から板張りの道と階段を歩いて行くと、360度のパノラマが見える場所に着いた。バウ・バレー、バンフ、スプレー・バレー、ランドル山、ミネワンカ湖、ノルケー山、サンダンス山脈が全て見渡せた。こんな景色が世の中にあるのか・・・としばし我を忘れて見入ってしまった。長~いこと、ただただ景色を見て、目に焼き付けた。

blogmama7.jpg


 4泊5日のカナディアン・ロッキーの旅。毎夏、東京近郊の旅にしか行っていなかった子供達にとっては本当に見たことも無い景色ばかりで、印象深かったに違いない。私達夫婦にとっても、スケールの大きな自然に触れて日常のつまらない不満を忘れることが出来た。さあ、帰ったら心機一転、秋の新学期に向かって頑張ろう!!

PageTop

カナディアン・ロッキー その3

 3日目。やっと晴れた。今まで見えなかった山の姿も現れて、景色がいっそう楽しめるようになった。レイクルイーズからは、いくつかのハイキングコースがあって、17年前は「アグネス湖とティーハウス」というコースに行った。今回はホテルのラウンジの人の勧めもあって、The Plain of Six Glaciers (6つの氷河の平原)という、レイクルイーズを通って山を登って行く11kmのコースに行くことにした。これが大正解だった。どんどん山を登りながら、ちょっとレイクルイーズを振り返ると、近くで見るのと違ったレイクルイーズの表情が見られる。どこで振り返ってみてもまた違った美しさがあって、レイクルイーズを何度も味わえる、という感じ。まわりの山々の姿も壮大で、息を飲むような美しさだ。11kmのコースは、登りが少しつらかったが、こんな素晴らしい景色を見ることが出来て、本当に行って良かったと思った。ちょっと気になったのは、コースを歩いている間、色々な国の人達に会ったのだが、日本人にはほとんど会わなかったこと。シャトー・レイク・ルイーズには本当にたくさんの日本人が泊まっていて、多くの団体もいたのに、ハイキングに行く人は少ないようだ。ツアーではスケジュールが立て込んでいるので時間が無いのかもしれないが、ゆっくりと景色を味わえるこういうハイキングが出来ないのはちょっともったいないな。
blogmama4.jpg


 ハイキングに行って、ちょっと休んだ後、次のホテルに移る前にモレーン湖に行った。ここは17年前の旅行の時最も感動した湖だったのだが、今回もやっぱり素晴らしかった。少し高いところに登って湖を見下ろし、美しい輝く湖水を満喫した。

blogmama5.jpg


 この日はバンフに行き、ダウンタウンから少し山を上がっていった、リムロック・リゾートホテルというホテルに泊まった。夕食はダウンタウンに行って、タパスがたくさん食べられるレストランに行った。17年前の旅行の時も、その後スキーで訪れた時も、バンフは食事がおいしいという印象を持ったのだが、今回もやはりおいしかった。

 山と川に囲まれたバンフという街は本当に美しい。こんな景色の中に住むのってどういう感じなのかな。

 明日で最後です。

PageTop

カナディアン・ロッキー その2

 2日目。相変わらず雨が降ったり止んだり。こんな日は景色を見て回ってもしょうがない、ということで、車で一時間半ほどのところにあるジャスパー国立公園内のコロンビア大氷原を見るツアーに参加した。

 コロンビア大氷原は北極圏の南では最大の氷原で、ツアーで見られるのはこの大氷原から流れ出す氷河のうちの一つ、アサバスカ氷河の最下部。ここを雪上車で4kmほど上がって行く。

 17年前に行ったときは、日本人の男の人がウイスキーを持参していて、「一万年前の氷だ」とか言ってその辺の氷を入れて飲んでいたっけ。私達も勧められて飲んだような気がする。今回も、日本人女性のグループが水を飲んでいて、私達もプラスチックコップを勧められたのだけど、何かちょっと気持ち悪い気がしたので遠慮した。
blogmama2.jpg


 次に、ペイト湖に行った。駐車場に車を止めてちょっと歩いていくと、上のほうから湖を見下ろせる場所に着く。湖水の色がみごとなターコイス・ブルー。時間が止まってしまったような静けさを感じる。17年前には行かなかったが、こんなに美しい湖を見逃していたなんて!!

blogmama3.jpg


明日も書きます。

PageTop

カナディアン・ロッキー その1

 夏休みの旅行で、カナディアン・ロッキーに行ってきた。カナディアン・ロッキーは17年前、新婚でシカゴに住んでいた時に行った事がある。その時は確かバンフとジャスパーに泊まった。今回は、レイク・ルイーズに2泊、バンフに2泊して、主にバンフ国立公園の中を見て回ることにした。

 一日目はお昼前にカルガリーに着いて、レンタカーで約3時間走り、レイク・ルイーズに行った。壮大な山々に囲まれたエメラルド色の湖水。レイク・ルイーズは相変わらず美しかった。

 宿泊先のシャトー・レイク・ルイーズにチェックインしたら、部屋をアップグレードしてくれて、夕食前の軽食や朝食が自由に食べられ、パソコンも自由に出来るラウンジが使えるジュニア・スイートに泊まることができた。ラッキー!!

 この日はあいにく雨が降ったり止んだりだったので、レイク・ルイーズのまわりを少し散歩しただけでゆっくり過ごした。続きは明日。

レイクルイーズ

   レイク・ルイーズ

PageTop