FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

Single Ladies

 一ヶ月前ほどになるが、Saturday Night Live の音楽ゲストに Beyonce が出演した時が、すごく面白かった。その時、特別ゲストのような形で出ていたJustin Timberlake が、コントで SNL の他の男性メンバーと一緒に、Beyonce のSingle Ladies のバックダンサーを演じたのだ。

 コントの筋書きは、その日のホストである、Paul Rudd が Beyonce の PV の監督で、自分の息子達を強引に出演させるというものだった。

 そもそも、Single Ladies の振り付けは、かなりユニークだ。ちょっと、いやらしい感じのところもあるが、滑稽なところもある。それを、Justin 達が、黒いレオタードを着て、かなり本気で踊るのだ。

 You tube で探しても、なぜかコントそのものは出てこないのだが、Beyonce のPV と組み合わせたものはあるので、良かったら、ココをクリックしてください。(Beyonce の PV の時とコントの時とのスタイルの違いにも注目してみてください)

 このコントを見てから、なんだか、この曲が気になって、気になって、Beyonce がテレビでこの曲を歌っていたりすると、目が離せなくなってしまった。

 他の人もそうなのか、Beyonce のこの曲は、売れているらしく、ラジオでも、一日に何回も何回もかかる。(今チェックしたら、USA Singles Top 40 では、現在NO.1だ。)このヒットには、多少なりともSNLのコントが影響しているのではないかな。

 現在公開中の映画、Cadillac Records では Etta James を演じているBeyonce。今、アメリカで最も輝いている人の一人と言える。


スポンサーサイト



PageTop

カウントダウン

 私のコーラス・グループとジョンの最後のコンサートが来週末に迫った。気がついてみると、リハーサルは、あと一回となってしまった。次の先生の候補は何人かいて、コンサートが終わり次第、面接することになっているが、すぐにジョンのような良い先生がみつかるかは、わからない。

 前々回のリハーサルくらいから、私の心は、穏やかでない。こんなに心地の良い空間がなくなってしまうのかと思うと、それに自分が耐えられるかどうかわからない。どちらにしても、私は、そう遠くない将来に帰国するのだし、それがちょっと早まっただけ・・・なんて思っていたのだが、やはり、そんなに簡単には納得できない。

 余計なお世話だが、ジョンのことだって心配になってしまう。あんなに音楽が好きな人が、ドミニカ共和国に行って、もし音楽の仕事が出来なかったとしたら、きっと私たちのことが懐かしくなるに違いない・・・本当に後悔しないのかな。

 出来る事なら、私の帰国の時に、日本に連れて帰りたい。そうすれば、日本でコーラスグループを作る、という私の夢が叶うから。でも、東京も生活費が高いから、やっぱりダメか。

 と、何だか、ここのところ、ウツウツとしている。その上、お別れのカードが回ってきた時に、突然だったからろくな事が書けなかったし・・・。あ、いけない、いけない。鬱になっている場合ではない。今度のコンサートは、今までの集大成で、ブロードウェー・メドレーや、レイ・チャールズ・メドレーなど、歌いがいのある曲ばかり。しかも、新入りの私達以外の人たちは、前から歌っていた曲だ。少し家で練習しないと、しっかり歌えない。ちゃんと練習して、ジョンのためにも、コンサートを成功させて、笑顔で送り出してあげなくては。


PageTop