FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

It's almost like being in love

"It's almost like being in love."…Billy Elliot the Musical の宣伝に使ってあった文句だ。ニューヨーク・タイムスの評に出ていた言葉らしい。皆もそうなんだ!と思うと、何かホッとする。

 あれから実は、3回見に行った。一回目は、Kiril をどうやったら見られるか、とうるさく騒いでいる私に、だったら行ってみようと、主人が一緒に行ってくれたら、Kiril が演じる日だったので、何とプリミアム・チケットで見た。

 そのあと、今度は、土曜日のマチネを、前から取ってあったチケットで、娘と見た。この際、オリジナルの3人のビリーのうちのDavid かTrent を見てもいいや、と思っていたら、何と Tanner という、イギリスでビリーを演じている子が、ブロードウェイに助っ人として来た始めてのショーだった。Tanner もなかなか頑張っていて、良いショーだった。ショー終了後、Stage door で待ち、Tanner にサインをしてもらった。「今日は、ブロードウェイでの初めてのショー?」と聞いたら、「Yes」と答えてくれた。ファニーフェースが可愛かった。

 娘と2人で、「せっかくだから、夜の部のキャストの発表が何時間前にされるか見てみようか 」ということで、チケットのキャンセル待ちの人の列に入って待っていた。キャストの発表は、劇場入り口を入ったところのボードにされるのだが、90分前に発表する、と聞いていたのに、発表されたのは、一時間10分前。何と、その日のビリーは、Kiril !! これを見てしまったからには、娘も私も、帰れなくなってしまい、急遽夜の部もみることにした。(一日2回はちょっとやりすぎだったかな?)

 「チケットが取れる保証はありません」と劇場の人が言いに来たけど待ち続け、ついに開演の8時ちょっと過ぎに、やっと買えた。しかも、現金でなくてはいけない、ということで、近くのATMまで走った後、開演7分後位にやっと席に着けた。1階の後ろの席で、今までの席よりずっと悪かったけど、舞台全体を見渡せたし、お客さんの反応が良くて、面白かった。何回も見ていると思われる人たちもいたようだった。

 Kiril のビリーは、やはり、素晴らしかった。Tanner には悪いけど、バレーのシーンが全然違っていた。Kiril のバレーは、優雅で、軽やかで、スピードがあって、アスレティックだ。だけど、一度、大失敗があった。バレーのシーンで、椅子を落としてしまったのだ。すぐに取りに行って、何事も無かったようにバレーを続けたけど、ハラハラしてしまった。

 Tanner の時で慣れたので、当然のように出待ちをした。Kiril はすぐに出てきてくれて、サインをしてくれた。出待ちをしたかったのは娘なのに、イザとなると声さえかけられず、代わりに私がサインをお願いした。「I saw you 3 times. You are amazing!」と言ってしまった。他にも、Billy の友達Michael 役のDavid Bologna やバレーの先生の娘役の子と写真を取り、posh boy/tall boy 役のKeean (彼は最初に私が見たときにMichael を演じていた)にも、サインをもらった。

 今回、気がついたことだが、ブロードウェイのミュージカルでは、皆、結構 stage door で待って、サインをもらったり、一緒に写真を取ってもらったりしているらしい。出演者も、仕事のうちと考えているのか、出てきて気軽にやってくれて、話もしてくれる。 Tanner の時なんか、マチネということもあって、サインをしている主なキャスト以外にも、どんどん出演者が出てきて、普通のおじさん、おばさんのように、ニューヨークの街中に消えていった。

 今回のことで、何かミュージカルがとても身近になった気がした。キャストの発表の仕方、チケットのキャンセル待ちの仕方、出待ちの仕方などなど、いろいろな事がわかったし。キャンセル待ちをしているときなど、前や後ろの人たちと色々な話が出来て面白かった。

 キャンセル待ちの仕方がわかったからには、また、Kiril を見に、並びに行こうと思う。David も一度、見てみたいので、David の時も見てこようかな。6月7日にトニー賞の発表がある。もしBilly Elliot が取ったら、キャンセル待ちも気軽に出来るかどうかわからない。それまでに、もう一度は見に行きたいと思う。

スポンサーサイト



PageTop