FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

Single Ladies

 一ヶ月前ほどになるが、Saturday Night Live の音楽ゲストに Beyonce が出演した時が、すごく面白かった。その時、特別ゲストのような形で出ていたJustin Timberlake が、コントで SNL の他の男性メンバーと一緒に、Beyonce のSingle Ladies のバックダンサーを演じたのだ。

 コントの筋書きは、その日のホストである、Paul Rudd が Beyonce の PV の監督で、自分の息子達を強引に出演させるというものだった。

 そもそも、Single Ladies の振り付けは、かなりユニークだ。ちょっと、いやらしい感じのところもあるが、滑稽なところもある。それを、Justin 達が、黒いレオタードを着て、かなり本気で踊るのだ。

 You tube で探しても、なぜかコントそのものは出てこないのだが、Beyonce のPV と組み合わせたものはあるので、良かったら、ココをクリックしてください。(Beyonce の PV の時とコントの時とのスタイルの違いにも注目してみてください)

 このコントを見てから、なんだか、この曲が気になって、気になって、Beyonce がテレビでこの曲を歌っていたりすると、目が離せなくなってしまった。

 他の人もそうなのか、Beyonce のこの曲は、売れているらしく、ラジオでも、一日に何回も何回もかかる。(今チェックしたら、USA Singles Top 40 では、現在NO.1だ。)このヒットには、多少なりともSNLのコントが影響しているのではないかな。

 現在公開中の映画、Cadillac Records では Etta James を演じているBeyonce。今、アメリカで最も輝いている人の一人と言える。


スポンサーサイト



PageTop