FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

American Idol

 こちらでとても人気がある番組にAmerican Idol という番組がある。2002年から始まって、今回で8season 目を迎えた。アメリカ全土から歌手になりたい人を集め、各地で行われる予選で36人に絞り、その後はハリウッドのスタジオで36人、13人と回を追うごとに人数を絞っていき、最後に一人のAmerican Idol を決めるというもの。

 審査員の 一人、Simon Cowell が審査をする時の、容赦のない発言も人気の一因になっている。だが、審査員が当落を決められるのは、予選の時だけで、その後は見ている人達の電話投票で決められる。

 私も以前から興味を持って、時々は番組を見たりはしていたが、放送のある火曜と水曜両日のゴールデン・タイムは、いつも忙しかったりしてなかなか毎週は見られなかった。ただ、この超人気番組の事は、ニュースや他のテレビ番組でもしょっちゅうやっているので、話題になっている事とか、Idolになった人の事、それに、番組出身の歌手の事などは、大体把握している。(ちなみに、番組出身の歌手には、Carrie Underwood、Jordin Sparks、Jennifer Hudson 等がいる。)

 ここで争う人たちは、本当に歌がうまい。予選を通過してからは、毎週、何かしらのお題に沿った歌を選ばなければならない。必ずしも得意でない歌もあると思うのだが、皆、プロ並の歌唱力を披露する。その上、皆、曲を完璧に自分のものにして歌っている。決してオリジナルを歌っている人の物まねにならないのがすごいと思う。

 今シーズン、気になる人がいて、ちょっと一生懸命見ている。火曜日に歌を披露する時は、コーラスの練習があって見られないので、水曜日の結果のショーを見て、その後に見られるようになる American Idol のサイトで、前日のperformance を必ずチェックするようにしている。

 気になる人というのは、Adam Lambert。 26歳の青年で、高音で歌うスタイルは、70年代のハードロックのバンドのヴォーカルを思い出させる。本当に歌が上手くて、どんな曲でも完璧に歌いこなす。
最初の頃に歌った、I can't get no satisfaction、Black or White で本当にすごいと思ったのだが、その後も、スタイルを変えて、色々な魅力を見せてくれている。先週は、あの辛口審査員のサイモンも、Standing Ovation をしたくらいだ。 

 見た感じは、何となくカッコ良くて、歌ってる時の口元はエルビス・プレスリーをほうふつとさせる時もある。でも、ちょっと万人向けではないかな、という感じ。子供達の感想は、"歌はうまいけど、あまりかっこよくない”とのこと。私も、彼の外見が気に入っているわけではないが、あの歌の上手さは、放っておけない。毎週せっせとperformance をチェックしてしまう。(興味のある方は下の歌のタイトルをクリックして下さい。)

I can't get no satisfaction

Black or White

Mad World


 現在、ベスト7までに絞られたAmerican Idol Season 8。 これからも毎週Adamが新たな一面を見せてくれることを、そして、今シーズンのAmerican Idol になってデビューしてくれることを願っている。




 
スポンサーサイト



PageTop