FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

中毒

 ここのところ、家事がおろそかになっている。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思っているのに何も出来ない。その原因は・・・Kiril Kulish。 そう、この間、書いた、Billy Elliot the Musical の主役を演じた子だ。

 昔からのミーハー心に火がついて、ミュージカルを見た日から今まで、毎日毎日、頭のどこかにBillyElliotの音楽が流れていたり、Kiril のことを考えていたりする。

 気がつくと、You Tube などで、Kiril の映像を見ている。映像の数は限られているので、何度も同じものを見るのだが、何故かあきることはない。その日の気分によって、Billy Elliot の場面を見たり、昔のバレーのコンクールや社交ダンスのコンテストの映像を見たり、インタビューを見たり、または Billy Elliot の主役探しのドキュメンタリーを見たり、と一度見だすと、かなりの時間を費やしてしまう。

 色々な記事も隅々まで読み出して、やけに詳しくなって、しかもそれを家族に伝えずにはいられないので、みんなにあきれられている。

 たとえば、Kiril の両親は、ウクライナから移民で、Kiril はアメリカのサンディエゴで生まれた。5歳からバレーを、そして8歳から社交ダンスを始めた。先日書いたバレーのコンクールの優勝のほかに、社交ダンスのコンクールでも、チャンピオンだった。お母さんにピアノを教わって、コンサート・ピアニストとしても活躍していたらしい。Billy に抜擢される前は、お母さんのホーム・スクールで勉強し、朝4:00に起きてロスまで社交ダンスを習いに行き、その後、オーディションなどを受けたりして、午後4時から8時はバレーのレッスンをする、という毎日を送っていたらしい。

 そんな生活の影には、お母さんの強い意志があったようだ。お母さんいわく、ダンスは彼にとって、“しなければならない事”だった。子供に、「これをしたい?」なんて聞かなくても良いの。親がさせたければ、ただやらせるだけ。ハミガキや算数は“しなければならない事”でしょ、ダンスもそれと同じ事。Kiril がダンスを大好きになってくれて良かったけど・・・。

 なるほど。天才の影には常に親の強い信念と惜しみの無い献身があるんだよな。親の努力が実って花開く人はほんの一握りなんだろうけど・・・。

 今も、お母さんは、サンディエゴでのピアノ教師の仕事も何もかも捨てて、Kiril と一緒にNew Yorkに来て、彼を全面的に支えている。インタビューでお母さんは言っている。「Kiril が幸せならそれで良いの。彼はいつも良い刺激を受けて帰って来るし、とても豊かな人間になれると思うから。」

  Kiril の強い意志とたゆみない努力、そしてお母さんのサポートで、Billy Elliot を卒業した後も、素晴らしいダンサーとして活躍してくれるに違いない。彼の一ファンとして、いつまでも応援していきたいと思う。

 Kiril の魅力を少しでもわかってもらいたいので、この間に引き続き、彼の映像を載せます。

 

 ああ、どうしても、もう一度観に行きた~い!!!

スポンサーサイト



PageTop