FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

テレビ番組

 私はアメリカのテレビ番組が大好きだ。特にコメディーのドラマ、夜のトーク・ショー、ニュース番組など、好きな番組がたくさんあって、楽しんで見ている。しかし、日本でもくだらない番組があるように、こちらでも信じられないくらいくだらない番組がある。

 それは、昼間にやっている一部のトーク・ショー。大体○○○・ショーというように、司会の人の名前が番組名になっている。ある番組では、いつもドロドロになった人間関係のもつれを扱っている。一緒に住んでいる弟の彼女が夫と浮気をしただとか、彼女を親友に取られたとか、彼氏が同性愛になってしまったとか、内容は日によって違う。だがいつも同じなのは、当事者が何人か出てきてスタジオで言い合いになり、挙句の果てには激しい殴り合いになって、スタジオのガードマンに止められることだ。スタジオではゴングの音が鳴り、観客は、ワーワー騒いでそれを楽しんで見ている。
 最初に問題を言ってきた人が後から出てきた人からショッキングな事実を告白され、逆上するというのもいつも同じだ。毎日必ず告白があって、毎日必ず殴り合いがあるなんて、どう考えてもおかしい。それなのに番組が続いているというのは結構視聴率、あるのかな。

 DNA鑑定やら嘘発見器など文明の利器を活用している番組もある。ある時、ティーンエージャーの娘と母親が5組くらい出てきた。一組ずつ出てきたのだが、全て母親が、乱れた生活をしている娘を心配し、それに対し娘が否定するというパターン。そのあと、事前に受けた嘘発見器の結果が発表され、娘の主張が嘘で、実際娘がかなりの事をしていることがわかる。すると、母親が椅子から立ち上がって、泣きながらスタジオの裏のほうまで出て行こうとし、それを司会者がなだめて椅子に戻すというところまで5組とも全く一緒。“ありえね~ッ!”と思うんだけど、これがまた、番組として成り立っている。他にも子供の父親が分からないカップルが何組もでてきて、番組でDNA鑑定をして悲喜こもごもの結末になるなど、信じられない内容だ。

 こういった番組は、皆、何もかも分かった上で、レクリエーションとして見ているのだとは思うけど、あまりの内容に、本当にびっくりしてしまいます。
 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する