FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

バック・トゥー・スクール・ナイト

 次女のミドルスクールで、バック・トゥー・スクール・ナイトがあった。バック・トゥー・スクール・ナイトとは、親が、子供が毎日やっているのと同じ様に教室を回り、1時間目から9時間目までの授業の先生から10分ほど、授業の内容や様子について話を聞くというもの。言ってみれば、生徒のいない授業参観という感じ。

 その日は主人に早く帰って来てもらい、二人で出かけて行った。始めにちょっとしたクッキーや飲み物がある大教室に通され、そこで親同士少し歓談したあと早速教室を回った。あっちこっちにある教室を、地図を見ながら、人ごみを掻き分けて移動するのは大変だった。

 教室に着くと、先生が授業の内容のプリントをくれて、どんな授業をしているか、子供達はどんな風に過ごしているか、色々と話してくれる。

先生は皆、個性的だ。社会の授業では、“歴史とは何か”を先生が教えるのではなく、子供達に考えさせてクラスとして答えを出すのだそうだ。その先生の宿題は、教科書を読んできて、その内容を、文でも漫画でもラップでも何でも好きなもので表現することだ。

 理科の先生は授業の内容を一通り話した後、授業の様子を写したスライドを、1970年代の音楽と共に見せてくれた。そのスライドの最初には、先生の若い頃から今に至るまでの写真が6枚くらい入っていて、その写真が映るたびに先生が“若かった”、“太った”、“やせた”、“年取った”などどコメントするので面白かった。

 そんな感じで9:40まで教室を回ったら、すっかり疲れてしまった。まだ内容はあまり難しくないようだけど、10分ずつ回っただけでこんなに疲れたんだから、これを40分ずつ、しかも英語がほとんど聞き取れない状態で聞いている娘はほんとにエライ!と思った。

 今度から、家に帰ってきたらもう少し優しくしてあげよう。
  
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして。

こんにちは。3年生の娘、1年生の息子をもつ母です。
海外、語学に興味があって、こうして実際に海外で
生活が出来るなんて、うらやましい~、なんて思っていたのですが、
学校の事なんかあると大変ですよね。
丁度、幼稚園の時のお友達がNYに駐在していますが、
やはり、なにかと勝手が違う生活、大変そうです。
でも、英語をボランティアで教わったり、得るものも大きいですね!!
娘さんも、お母さんも、頑張って下さい(^^)

Lemon | URL | 2006年10月05日(Thu)08:38 [EDIT]


遅くなりましたが、コメントありがとうございました。日本から妹や母が来ていて、更新も思うように出来ませんでした。
子供達の勉強は相変わらず大変ですが、少しずつでも何かを得ているんだと信じて頑張っています。これからは、ハロイーンやサンクスギヴィングなど、イベントが目白押しなので、つらいことは忘れて家族で楽しんでしまおうと思っています。ポツポツと更新していきますので良かったらまた来てくださいね。

MJ | URL | 2006年10月17日(Tue)03:05 [EDIT]