FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

ミュージック・レビュー

 次女のミドル・スクールでミュージック・レビュー(歌と踊りの音楽会のようなもの)があった。9月の新学期が始まる前から、キャスト募集のお知らせが送られてきていて、希望者は歌手、ダンサーに分かれてオーディションを受けた。娘は、興味はあったのだが、まだ英語に自信がなかったので、今回はパスした。

 9月に入ってから、キャストの子供達は練習に励んでいて、先週なんか、毎日5:30pmから9:00pmまで練習があったらしい。宿題やテストの勉強に影響が出るという親からの声も、ちらほら聞こえてきたくらいだ。

 本番は金曜日の夜と土曜日の夜の2日間あった。次女のお友達が出ていたので、土曜日に次女と2人で見に行った。

 ショーは、おそろいの紫のTシャツを着たキャスト全員による、「ハイスクールミュージカル」の“We're All in This Together”の大合唱で始まった。子供達が通路にまで出てきて歌い、前方のステージの上や下では何人もの子がバック転やら側転やらをあっちからもこっちからもやっていて、かなり盛り上がった。

 次からは何人かずつ出てきて、バレーのような踊りを披露するグループがあったり、ちょっとした台詞のやり取りがあった後に歌と踊りがあったり、一人で歌を独唱するなんていうのもあって、飽きずに見ることが出来た。踊りは、かなり本格的にやっている子もいるようで、見ごたえがあった。歌も、独唱した子なんかはとてもうまかったし、他の子も、結構上手に歌えていて、聞き応えがあった。

 びっくりしたのは衣装や舞台装置だ。どこからお金が出ているのかわからないが、かなり本格的だった。ダンスをする時の綺麗な衣装はもちろん、子供達がポップコーンになったり、食パンになったりする時の衣装まで、プロの手によると思われる衣装が、次から次へと出てきた。

 プロの手といえば、演出、振り付け、音楽など、プロの大人がかかわったとしか思えない内容だった。後で調べてみたら、演出をやっていた人は、近くの教会の音楽ディレクターで、CDも出している人だった。他の人もかなり本格的なので、プロか、プロ崩れみたいな人たちじゃないかと思う。土地柄、ミュージカルに携わったことのある人なんていくらでもいるだろうし・・・。そういえば、この辺りの音楽の学校には、皆、ミュージカルを教える講座がある。ミュージカルをやってみたい子供の数も多いだろうし、先生にも不自由しないからかな。ブロードウェイのようなミュージカルを子供の頃から習えるなんて、何だかとってもうらやましい。

 
 

 

 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する