FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

 ここのところ、木々の葉っぱがほとんど落ちてしまって、景色はすっかり冬になった。歩いていると、何か様子が違う。「あれ、ここの家、ペンキを塗り替えたのかな。」「あ、この家も、ちょっと感じが違う。」・・・しばらくそんな感じばかりしていて、ハタと気が付いた。そうだ、庭の木の葉っぱが落ちたせいで、道路から家が良く見えるようになったんだ。それに気が付いてから、近所の家を見るのが楽しみになった。「こ~んな家があったんだ」なんて、家や庭の様子を見ていると飽きない。

 こちらでは、あまり窓にカーテンをつけていないのか、夜、電気がついていると、中がまる見えの家が多い。置いてある家具から、掛けてある絵まで、全部見えてしまう。今、私の最優先の課題は、家具や置物をそろえて我が家をいかに家らしくするかということなので、他の家の中を見ると、とても参考になって良い。さすがに、歩きながら家を覗いたりはしないけど、主人が運転する車に乗っているときなどは、じっくりと見てしまう。

 日本と全然違うな、と感じるのは、家の中がまる見えになっていても、決して生活感が感じられないことだ。日本だったら、窓から見える中の様子といえば、所狭しと家具が並んだ部屋の中で、リラックスした格好の家族が皆でテレビを見ている様子だとか、ご飯を食べている様子なんだと思うけど、こちらの家で見えるのは、広い部屋にゆったりと置かれたおしゃれな家具や置物などで、人の姿を見かけることはあまりない。

 こちらの家は部屋数が多いので、ファミリールームやダイニングルームは奥にあって、道路に面している部屋は、お客様用だったり、もしかしたら、外からの目も意識した部屋なのかもしれない。中には窓際にわざわざ大きなティファニーランプを置いたりしている人もいるので、そういうことを考えて飾る人もいるのだろう。

 飾りといえば、そろそろ、クリスマスの飾りが目に付く季節になってきた。この辺でも、庭を綺麗にライトアップしている家がいくつか出てきた。駅前の道路の電信柱にも雪の結晶の形をした電気が付いてとても綺麗だ。クリスマスが近くなるともっとそういう飾りが増えてくるんだろうな。今から楽しみだ。

 裸の木が多くなってすっかり淋しくなった景色を見ていると少し気分が暗くなるけど、クリスマスの飾りって、もしかしたら、そんな気分を盛り上げるためにもあるのかもしれない。
 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する