FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

マンハッタンのクリスマス

 ロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見に、家族でマンハッタンに行った。今年のニューヨークは暖冬なので、楽に歩くことが出来た。

 ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、毎年、大きな本物の木を近郊から伐採してくる。どの木を持ってくるかは、ロックフェラーセンターの担当者が、たくさんの人から送られてくる写真を見たり、ヘリコプターで上空から観測したりして決めるらしい。ツリーは高さが75フィート(228m)以上でなければならない。その他幅や密度、形の良さなどが吟味される。森の中から選ぶのだと思っていたが、意外にも、森の木は通常そこまで高くは育たないので、大抵は人の家の庭に植えてあるものだそうだ。

 ロックフェラーセンターに飾ることになっても、持ち主は木を寄付する代わりに何かもらえるわけではない。ただ、選ばれたという名誉のために、皆喜んで寄付するらしい。
 
 今年のツリーは、コネティカットで育った木で、高さ88フィート(268m)、直径45フィート(137m)ある。担当の人がこの木に目を付けたのは8年前で、それ以来肥料などをやって育ててきたのだそうだ。この木に30,000個の電気を飾り、てっぺんにスワロフスキーのクリスタルをつけて、11月末にはライトアップセレモニーで点灯した。、その後もマンハッタンのクリスマスの飾りの代表として、日々たくさんのニューヨーカーや観光客をの目を楽しませている。

 ロックフェラーセンターのツリー以外にも、この時期のマンハッタンには見るべき所がたくさんある。街中のビルには何かしらの飾りが飾ってあるし、デパートやお店のウインドーはクリスマス用の凝ったディスプレーを競い合っている。クリスマスのディスプレーで有名なところは何箇所かあるが、今年は、サックス・フィフス・アヴェニューのウインドーを見ることにした。

 クリスマス直前ということもあり、サックスやロックフェラーセンターがある五番街のあたりは、本当に混んでいた。人の波が凄くて、思うように歩けないほどだった。サックスのウインドーを見るのにも、列に並ばなければならなかった。10分程並んで見たウインドーは、とても綺麗だったし、端から端まで見ると、一つの物語になっていて、興味深かった。

 サックスは、ウインドーのほかにも、何十分かおきに、建物全体を使った光と音楽のショーがやっていて、こちらも綺麗だった。

 光と音楽のショーといえば、グランドセントラル駅の構内でやっているショーは圧巻だ。音楽に合わせて、色々な映像が、構内の壁や天井全体に次から次へと現れる。30分おきにやっているので、これを見にやってきた観光客が構内で待っている姿も目に付く。

 私たちは、クリスマス気分に浸った後、なぜか日本食屋さんに行って夕食を取り、すっかり良い気分になって家路についた。

 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する