FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

次の課題

 子供達の学校は、今週いっぱいで2nd クォーターが終わり、一年を折り返すことになる。最初はどうなることかと思ったけど、何とかここまで来れた。2人とも、相変わらず宿題と格闘しているけど、少しずつ要領がつかめた様で、悲壮感が漂うようなことはなくなった。

 こうなると、次の課題が見えてくる。この課題はちょっと手ごわい。しかも子供達2人と私、皆にあてはまる。“いかにアメリカ人の中に溶け込めるか”、ということ。

 子供も、小学生くらいだと、外国人だろうがなんだろうが、家に呼んだり呼ばれたりして、あっという間に仲良くなってしまうらしい。だけど、ミドルスクールや、ハイスクールともなると、ある程度友達の輪も出来上がっているし、ハイスクールなんかはそもそも忙しくて遊ぶ時間もあまり無いので、友達を作るのはなかなかむずかしい。

 ハイスクールの長女は、今までは勉強についていくのに手一杯で、アメリカ人と交流を深めている暇などなかった。同じ苦労をしている他の日本人数人とは仲良くなって、お買い物に行ったり、家に行き来したりしているが、やっぱり、こっちに居るのだから、アメリカ人の友達が欲しいと切に願っているようだ。

 ミドルスクールの次女は、同じ学年に、何と20人以上の日本人が居て、日本人の輪の居心地が良いらしく、やはり、アメリカ人の友達はなかなか出来ないらしい。

 私も、“アメリカ人の友達を作る”ことは、前回こっちに住み始めた時に夢見ていたことだけど、途中であきらめた。言葉の問題もあるけど、それ以外にも共通の話題があまり無かったりして、とにかく難しい。「ハ~イ!」とか「元気?」なんていう挨拶を交わすまでにはなっても、その先には進めない。そんなことを気に病んでも仕方がないので、今回も過度の期待はせずに、特に“友達を作ろう”なんて、気負わない事にしている。

 それがわかっているから、子供達にも無理にアメリカ人の中に入っていけ、とは言わないように気をつけている。逆に、「出来なかったからって、つまらない敗北感を感じる必要ないよ」と言っておいた。

 ただ、私はともかく、子供達は、何とか自然な形で、もう少しアメリカ人とつながりが出来ないか、と実は考えている。そのためには、クラブに入ったり、何かのグループレッスンを取ったり、ボランティアをやったりする機会を少しずつ増やして、少しずつでも行動を広げていかないと。次の課題として、今、色々作戦を練っているところだ。3rd クォーター以降、少しずつ実行に移して行きたいと思う。

 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する