FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

ジャズ・アンサンブル

 長女がピアノの学校に通い始めた。家から車で30分程の所にある結構大きな学校で、個人レッスンを取ると、音楽理論や作曲などの授業はどれでも無料で受けられる。2月という中途半端な時期に入ったので、授業を取ることはできなかったのだが、前からやりたかったジャズ・アンサンブルのグループには入れてもらえた。

 指導してくれる先生は、サックス奏者としてアリサ・フランクリンやトニー・ベネットなどとも共演したこともある人で、明るく元気で優しい先生だ。私がゴスペルをやっていたといったら、Kirk FranklinのCDを録音してくれた。

 グループのメンバーはドラム、アルトサックス、テナーサックス、トランペットとピアノ(長女)で、先生がベースを弾く。長女の他に、トランペットの男の子もこの音楽学校に入ったばかりで、5年生だそうだ。他のメンバーは高校生や中学生くらいで、前から学校にいる人たちのようだった。

 サテンドールと他に1曲楽譜をもらい、3回くらい練習したところで、早くも発表会に出ることになった。発表会は学校のホールで行われた。学校に所属する6つくらいのアンサンブルが次々と演奏した。

 微笑ましい感じのグループもあったが、上手なアンサンブルもあった。最後に出演したアドヴァンス・クラスなんかは、どこかのクラブにも出られそうなほど上手だった。

 皆カッコ良かったし、本当に楽しそうに演奏していて、こんな人たちと演奏できる長女が少しうらやましくなった。長女のジャズピアノの腕前は、まだまだだけど、たくさん練習して、即興をバシバシ出来るようになれば楽しいだろうな。

 私も、もう少し余裕が出来たら、ジャズピアノを習うなんていうのも悪くないな。そうすれば自分で演奏しながら歌えるし・・・なんて、夢はどんどん広がるのでした。
 



 

 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昨日、近くのモールで偶然にも地元高校生によるジャズアンサンブルを楽しみました。 上手だったよ。 長女さんもあんな感じでやってるのかなあって思いをめぐらせました。

ys | URL | 2007年04月02日(Mon)01:51 [EDIT]