FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

House Tour

 長女のハイ・スクールでは、毎年PTAが資金集めとして、House Tour というイベントを催す。House Tour とは、地元の豪邸をいくつか選んで、家主に一日だけ解放してもらい、チケットを売って学校の親達や地元の人に見学させる、というものだ。

 チケットは45ドル。ランチがつくと65ドル。ちょっと高いけど、学校への寄付という意味もあるので、皆結構参加するようだ。

 何といっても、ここは、お金持ちが多い土地柄。豪邸には事欠かない。今年、選ばれた豪邸は5つ。まだ人も家具も入っていない新築の家が一軒混ざっていて、そこがランチや地元の商店街の店の特設売り場になっていた。

 ツアーは、9:00AM~3:00PM。私は、ボランティアとして1:00PM~3:00PMまで、House Hostessとして案内をする役目をすることになっていたので、友人と一緒に午前中に見て回った。

 最初に見た家で、もう、ぶっ飛んでしまった。2.5エーカーの敷地に7つのベッドルームと10個のバスルームのある、おっきな家。庭にはプールとプール・ハウスもある。

 家自体の豪華さもさることながら、中に置いてある家具や置物も美しくて豪華なものばかり。そこの家は、お母さんと4人の子供達が住んでいて、子供達の部屋まで、美しくカラーコーディネートしてあった。子供部屋の近くにあるプレー・ルームには、おもちゃがいっぱいで、大きなクロゼットは、何と、リモコン・カー整理棚と化していた。こんなに贅沢に育った子って、将来どういう人になるんだろう・・・と、思わず考えてしまった。

 他の家も皆、それぞれに立派で、家具や内装にもこだわりがあって、ため息ばかりついてしまった。どの家も、家主がインテリア・デザイナーと綿密な打ち合わせをして、家具や置物を決めたらしい。

 私が一番気に入った家は、外から見るとそれほど他の家と変わらないのだが、中に入ってみると、とても美しかった。海沿いの家で、家の建て方や内装の仕方などに、全て、海の景色を計算に入れてあった。こんなところでゆっくりと海を眺めていたら、本当に幸せだろうなと思った。

 あまりにもお金がかかっている感じだったので、友人と、「きっと、代々続くお金持ちで、昔からここに住んでいるんだろうね。」なんて話していたのだが、パンフレットを読んでびっくり。どの家族もとても若い家族で、最近ここに引っ越してきたという。パンフレットを更に読み進めてまたまたびっくり。私が気に入っていた海の近くの家は、マンハッタンに住んでいる人のセカンド・ハウスだった。

 主人に話したら、「ヘッジ・ファンドじゃない?」と言っていた。何にせよ、こんな若い一家がこんなにお金が持てるっていうのは、アメリカならではだよね。



 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する