FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

突然の来訪者

 こちらに来てびっくりした事の一つに、突然の来訪者が意外と多いということがある。アメリカでは、知らない人が突然訪ねてくるなんていうことは全くないのではないか、と勝手に思い込んでいた。

 ところが、これが結構いるんだなあ。百科事典を売る人、寄付を募る人、署名を集める人。可愛いところでは、ガールスカウトのクッキーや、小学校の文化祭のくじを売りに、子供が訪ねてくることもある。(もちろん、後ろの方にお母さんがいるけど)

 変わったところでは、以前、若い青年が訪ねてきて、「ヨーロッパに留学をしたいんだけど、親がお金を出してくれない。外国のお金があったら、寄付してくれないか?」と言ったことがある。色々なことを言って、妙に説得力があったらしく、主人は少しだけ、寄付をしたらしい。

 少年達の悪ふざけというのもあったっけ。去年の夏のある日の午後9:30頃、呼び鈴が鳴って出てみると、“Trick or treat!!”と、4,5人の男の子が叫んでいた。「Halloweenじゃないでしょ!」と返すと、「日にちを変えたんだ。ハム一枚でも良いからちょうだい!」と言ってきたので、思わず、そこにあったクッキーを一袋も渡してしまい、後で、ちょっと後悔した。シャレなんだから2-3枚で良かったのにな~。癖になると困るし・・・。でも、それっきり、現れなかった。

 セールスや寄付、署名なんかで来られると、断るのに一苦労だ。日本語のようにはうまく断れない。署名だと、「外国人だから。」と言って断れることもある。寄付だと、「他でやっているから。」とか、とにかくその場しのぎのことを言ってみるしかない。

 先日、日本人の友人の家に行ったら、家庭教師の売込みが来たときに、“ノー・イングリッシュ”と言って断っていた。そうか、その手があったのか、と思ったけど、それも、いざとなると、言えないかも。

 そういえば日本人の中に、「私はこの家のナニー(子守)だからわからない」って言うって人がいたけど、それだけは、どうしても出来ないな。

 ナンヤカンヤ言いながらも、数をこなして、あまり角を立てずにスマートに断れるようになると良いな。


スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

突然の来訪者はいったい誰かと思ったら、セールスまがいの人達ね。断る時はきっぱりNOの一言。 この国はYesかNo世界だから、Noと言われたところで何とも思わないと思うけど。 

寄付とか募金に来た人に、ID見せろって食ってかかった事がある。 個人的にサポートしたい団体には機会があれば寄付するけれど、なんともそれらしき名称を名乗ってくる人にはきっぱりと、あなたを証明するものを見せなさいって言うな。 電話でもそう。 私から電話するからあなたの電話番号教えろって。 だまそうと思えばなんとでもなるし、それに自己防御にもなる。 まともな団体なら個人訪問なんてしてこないって。 ずぶとくなった証拠だな。

ys | URL | 2007年06月21日(Thu)13:42 [EDIT]