FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

Best Hit USA

 以前、このブログで、クラシック・ロックのラジオばかり聞いていると書いたが、最近、それがガラリと変わってしまった。

 2ヶ月ほど前、次女が車のラジオをいじっていて最近のヒット曲ばかりかけるラジオ局を探し出した。「えっ!これってJustin Timberlakeじゃない」と私も少し興味を持って聞いていると、子供達も、「あ、この曲はパーティーで良くかかる」なんて調子で面白かったので、それ以来、車に乗るときはその局を聞くようになった。

 ずっと聞いているうちに、すっかり、最近のヒット曲がわかるようになった。これまでは、新しい曲がわかるようになりたいと思いながらも、なかなか曲が自分の中に入ってこなくて、新しい人なんて全然覚えられなかった。だから、いつもクラシックロックに戻って行っていて、「年かな~。」なんて思っていたのに。

 子供達の反応があるせいなのか、新しい人たちのライブをテレビでちょこちょこ見るせいなのか、新しい人や曲を知りたいという意欲がどんどん出てきてた。ラジオでは、曲を次々と流していくだけで、曲名や歌手名をマメに言ってくれないのだけど、その局のホームページに行くと、流した曲が書いてあるので、それをチェックしたり、ビルボードや他のベスト40のサイトなんかに行って曲を聴いてみたりしているうちに、わかる曲がドンと増えてちょっとうれしい。

 今、メチャクチャはやっているのが、Rihanna の “Umbrella”。ここの所、ズ~ッと1位をキープしている。「アンプレラ、エラ、エラ、エ、エ、エ、エ、」と言うのを延々繰り返す歌で、何回も聞いているうちに、頭から離れなくなる。最近では、これのヴァリエーションで、Chris Brown とのデュエットになっているバージョンもあって、それでは、Chris Brown が「シンデレラ、エラ、エラ・・・」と歌っている。この曲がかかると、これはどっちかな、と思いながら聞いていて、Chris Brown バージョンだと得したような気になる。
 
 最近売れる新しいタイプの歌っていうのは、このように、聞いていて語呂がちょっと面白いとか、少しラップが入っているとか、リズムが単調で、ずっと同じことを繰り返している曲(パーティーで踊りやすいタイプ)が多いようだ。

 もちろん、その他にも、昔ながらのカントリーっぽい歌やフォーク調の曲なんかも売れているし、ボン・ジョヴィなんかもランク・インしている。

 最近、私が好きなのは、売れないミュージシャンが遠くにいる彼女に宛てたラブ・ソング、Plain White T's の“Hey There Delilah”、 昔から私のお気に入りのド迫力のP!nk の“U+UrHand”、 日本の若い子に人気のAvril Lavigne の新曲の“When you're gone"など。Fergieは、最初の頃、ヘンな歌を歌っていて好きじゃなかったけど、今流行っている“Big girls don't cry"はナカナカ良い。

興味のある方はココココをのぞいてみてください。

 全体的にいえるのは、皆、歌がうまいということ。露出度の多い洋服を着たり、変てこな格好をして注目を集めている歌手でも、ディズニーチャンネルのドラマ出身の歌手でも歌は結構うまい。その辺が日本と違うところかな。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する