FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

ポルトガル

 長女のミュージック・フェスティバルを追って、ポルトガルに行ってきた。長女に持たせた携帯も主人の携帯も調子が悪くて連絡がなかなか取れなかったこともあって、精神的には、かなり辛い旅行となった。

 まず初日。朝、ポルトに着く。初めはポルトのホテルに2泊して観光してから長女のいるViana do Castelo に行く、という日程を組んでいたのだが、長女はその日だけはOffの日で練習も何もないというし、私はあまりにも長女のことが心配だったので、ポルトのホテルをキャンセルして、すぐにでもViana do Casteloに行ってしまいたかった。

 「大丈夫だからポルトを観光しよう」という主人と揉め、結局歩み寄って、初日に日帰り(片道電車で1時間半)でViana do Castelo に行って、長女が大丈夫なことが確認できたらその後ポルトをゆっくり見よう、ということになっていた。

 ところが、空港から電話をしても、長女と連絡がとれない。現地の責任者に電話をしたら、「みんなで海に行った」という。私たちが発つ前の電話で「そっちに行けても午後だし、皆との予定があるならそれを優先して良いよ。」と言ってあったのだが、結論が出なかったので、その日の予定は着いた時に電話で決めれば良いや・・・と思っていた。それが連絡がつかないとは・・・。夕飯に会える保証もないし、そのためだけに時差ぼけの次女を連れて片道1時間半の電車で往復するのも大変だし、ということで、ポルトにとどまる事にした。

 行かないということだけでも伝えられないかと、長女の携帯に電話やメールを入れ続けるも繋がらないので、観光もちょっと上の空。それでも、ポルトの古い町並みを少し見て回ることが出来た。

 ホテルに着いた後、時差ぼけでベッドで寝入ってしまった次女をおいて、主人と二人でお昼ご飯を食べに出かけた。大衆食堂といった感じのお店で何人かの人が食べていたので入ってみることにした。

 ウェーターが来たので、メニューを頼むと、無いという。英語はまるで通じないので、説明してもらうこともできない。お互いに困ってしまったが、何とか一生懸命聞いてみると、“魚料理”と“肉料理”の2種類しかないようだ、というのがわかって、二人とも魚料理を頼んだ。いつの間に覚えたのか主人が「アクア・コン・ガス(炭酸水)」と言うと、通じた。あと、周りの人を見ながら、主人はビールを頼むことにも成功した。出てきた料理は、魚のピカタとサラダと付け合せのライス。ちょうど良い味付けで、とてもおいしかった。

 食後はホテルに戻り、熟睡している次女を無理やり起こして、バスに乗って、町の中心部に行った。この辺は古い街並みがそのまま残っている所で、彫刻が施されたり、アズレージョと呼ばれる絵タイルを張った美しい建物があっちこっちにある。
20070829223019.jpg


 中でも印象に残ったのは、サン・ベント駅の構内。四方の壁には、約2万枚のアズレージョでポルトガルの歴史が描いてある。青と白のタイルがとても美しい。


20070829225101.jpg


 その他、ここで特徴的なのは、カフェの多さ。あっちこっちにカフェがあって、皆、外に並べてある机と椅子で、お茶やお水を飲みながら、楽しそうに話をしている。私たちもカフェで一休みした。

 その後、坂の多い街を更に歩いて、ドウロ川の方に出た。川沿いには観光客相手と思われるレストランがたくさん並んでいる。ガイドブック片手にレストランを選び、「マリーナ」というところで食事をした。時間が早かったので、海が見える一番良い席に通された。そこで、Vinho Verde (ヴィーニョ・ヴェルデ)という、完熟前の若いぶどうから作った、アルコール度の低いワインを飲んだ。さっぱりしていて、とてもおいしかった。びっくりしたのは、“つきだし”のような形で、茹でたえびが山盛りで出てきたことだ。これがすっごくおいしかった。あと、魚介類の料理を中心に頼んだのだが、どれもこれもおいしくて大満足。特に蛸のグリルがやわらかくて絶品だった。

20070829232149.jpg

20070829231916.jpg

            ドン・ルイス一世橋

 食後、ホテルに戻ると、長女からのメッセージが入っていた。夕食を一緒に食べられると思って夕方かけて来たらしい。可哀想になって、すぐに電話してみてもやはり携帯に繋がらない。現地の責任者に電話したら留守電になっていたので、メッセージを残した。その後、ホテルでインターネットを借りて、“もう夕飯もすませ、ホテルにいること”、“次の日はポルトに一日いて、その次の日にViana do Castelo に行くこと”、“ホテルに電話をして欲しいこと”をメールし、部屋で心配しながら待っていた。

 中々連絡がつかず、心配が膨らんでどうしようもなくなったところに現地の責任者から電話があり、「彼女はだいじょうぶよ」と言われて、少し気持ちが落ち着いた。そこへ、やっと、長女から電話がかかってきた。

 海から5時頃帰った後、食事をし、その後、コンサートに行っていたらしい。「こっちは大丈夫だから、ママ達は観光して!せっかく来たんだから・・・。」などと言う。話をして、やっとホッとすることができた。これで明日はゆっくり観光できそうだ。




スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する