FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

バスケットボール

 次女が入っていたバスケットボールのシーズンが終わった。こっちの部活は、日本と違ってシーズン制。バスケットは、12月から3ヶ月のウィンタースポーツだ。次女が突然バスケットをやると言った時は、少しびっくりしたが、本人が色々と考えた末に決めたことだった。アメリカ人の中に入っていきたいという思い、それと、これは私が考えも及ばなかった事なのだが、日本に帰った時に、何か出来ることがあったほうが受け入れてもらいやすいと思った様だ。

 とにかく、日本人が一人の状態で、どちらかというとメジャーなスポーツに、決して運動が得意ではない次女が入るということは、よほど固い決意が必要だったと思う。それなのに、傍から見ていると、さっさと決めて、さっさと行動に移したという感じだった。

 こっちのクラブは、3ヶ月しかない変わりに、毎日練習がある。そして、シーズン後半になると、週に1~2回試合がある。試合には、チームのメンバー全員が出る。“補欠”みたいな制度はない。次女は、私の影響か、23番という背番号(Michael Jordan の背番号)を選んで、ホームの時は白、アウェイの時は赤のかっこいいユニフォームを着て試合に出た。

 バスケットは初心者に等しい次女が“活躍する”ということはなさそうだったが、頑張っている姿が見たいと思い、「試合、見に行ってもいい?」と、何回聞いても、「いいよ。来なくて。」と答える。「いいよ・・・って、行っちゃいけないの?」と聞いたら、「駄目。」 ということで、行くのを我慢した。(一番最後の試合のおしまいの10分だけ見たが、次女のプレーしている姿は結局見られなかった。)

 クラブでは、練習や試合以外に、内輪の楽しみみたいなものがある。たとえば、試合の日は、朝からユニフォームを着て行く。その格好で授業を受けるのだ。シーズンの終わりの方では、皆でおそろいのジャージを作った。その他、白いTシャツが配られ、各自決められたチームメイトのために、Tシャツをカラーペンなどでデコレートしてあげる、というのもあった。そして、シーズン最後の日には、皆でそのTシャツとパジャマのズボンで登校した。何とも変な習慣だが、仲間意識を楽しんでいるんじゃないかと思う。

 最後の試合の前の日には、パーティーがあった。チームメートの子の家に、皆が食べるものを持ち寄った。次女が、何か日本らしいものを持って行きたいというので、今まで作った事もないのに、カリフォルニア・ロールを持たせることにした。その上、チームメイトの中に、小麦を食べられない子がいるので、「おにぎりも持ってくる」と、次女が言ってしまったらしく、更に仕事が増えた。英会話のクラスや娘達の送り迎えの合間に全部作るのは大変だったけど、何とか頑張って、おにぎり15個とカリフォルニヤ・ロール4本を作って持たせた。

 パーティーの日、迎えに行ってみると、次女がチームのメンバーと楽しそうに話をしていた。3ヶ月の活動を経て、すっかり皆と仲良くなったようだ。

 こんな風になるまで、結構大変だったと思う。そもそもたくさんの宿題やプロジェクトの提出がある中、毎日練習に行くこと自体が大変だった。その上、まだ、コーチの言っている事がわからない時もあって、それも辛かったようだ。それなのに、文句一つ言わずに、黙々と行っていた次女は、本当に立派だった。頑張っただけ得たものも多く、この経験を経て、ひとまわり大きくなったように感じる。

 よく頑張ったね。今はただ、誉めてあげたい。


 


 
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する