FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

新学年

 新学年が始まった。長女、次女とも、ハイスクール、ミドルスクールでの最終学年となる。・・・そして、多分アメリカでの最後の一学年となるはずだ。

 ドキドキで始まった新学年。早速嬉しいニュース。二人ともESLを抜けられたのだ。

 昨年は、惜しいところでESLを抜けることができなかったので、特に長女がとてもガッカリして、可哀想だった。

 ESLのクラスは、色々なレベルの生徒を集めている事もあって、あまり大した授業を出来ないみたいだし、他のクラスはどっちにしても自力でやらざるを得ないわけだし、そもそも必要性をあまり感じていなかったようだ。その上、色々なトラブルや、何ともいえない居心地の悪さがあったらしく、長女は、とにかく抜けたくてしょうがなかった。今回も、五月にESLを抜けるかどうかの試験を受けて以来、結果が気になって気になってしょうがなかった。

 長女の気持ちが周りにも痛いほど伝わっていたので、学校の初日には、こっちまで祈るような気持ちだった。

 抜けられて本当に良かった。これで、学校の勉強に、受験勉強に、はりきって取り組んでくれると良いんだけど・・・。

 ところで、8月に3週間ほど一時帰国をした。私は、実家でのんびり過ごす事が多かったのだが、子供達は、さっさとお友達と約束をして、どんどん外出して、遊びまくっていた。特に長女は、ディズニーシーに行ったり、カラオケにいったり、友達の家に泊まりに行ったり・・・連日、実に忙しく飛び回っていた。買い物好きの次女は、一人で電車に乗って、あっちこっちに買い物に行ったりもして、とにかく二人とも、日本を満喫したようだ。

 こちらにいると、私が車で送っていかないとどこにも行けないので、自由に自分の意思でどこにでも行けるということが、本当にありがたかったに違いない。こちらには無いような可愛い物を売っているお店もたくさん見つけて、とにかく何もかもが楽しかったようだ。

 長女は、お友達と、将来のことなど色々と話す事ができたようだし、本当に有意義な一時帰国だった。

 大好きだと再認識した日本に後ろ髪を引かれつつ、皆であと一年、大変だけど頑張っていこうね!!



  

 
スポンサーサイト



PageTop