FC2ブログ

バタバタママのNY日記

夫の転勤のため2人の娘と2回目のNY暮らし。マンハッタンで気楽に過ごした前回と違い、教育問題を抱えて今回はちょっと大変かも・・・。

ショックなこと

 コーラスの練習に行って、ショックな事が発覚した。グループを指導してくれているジョンが、2月にドミニカ共和国に移住するために、コーラスの指導をやめるというのだ。12月に予定されている2つのコンサートが最後になるらしい。

 このニュースは、皆にとって、青天の霹靂だった。いつまでもこのまま歌い続けられると思っていたメンバー達は、ショックを隠せなかった。

 私はといえば、近いうちに帰国するであろうことを考えると、来年の6月のコンサートが最後だと思っていた。それが一回分早まっただけということだが、それでもやっぱりショックだった。

 最近のアメリカの経済危機の影響がこんなところにも出ているようだ。ジョンは、ピアノのセールスマンだったのだが、ジョンを雇っていたお店が閉店になるらしい。そして、ジョンは生活費が高いここよりも、物価の安いドミニカ共和国に住むことを選んだというわけだ。

 実は、つい半年くらい前にもメンバーの一人がコンサート直前にやめていった。随分急な話だったようだが、そのソプラノの女性は、両親とともにノース・キャロライナに移住する事が決まったということで、仕事もやめて引っ越していった。

 この辺は何もかもが高いので、経済の不安があると、暮らしていく事が難しい。このあたりはお金持ちが多い地域だが、それでも最近になって、住めなくなる人達が増えているのではないだろうか。こちらの人は、日本人に比べて、ローンなども無理に組んでいる場合が多いので、なおさらだ。

 何だか悲しい幕切れとなってしまいそうなジョンのグループだが、最後のコンサートではせいぜいジョンを盛り上げられるように、みんなでいつも以上に頑張りたい。





スポンサーサイト



PageTop